アイコン 050-3628-2077 (平日9:00 〜 18:00)

スマートフォンで撮影するだけ!領収書を99.9%の精度でデータ化

アイコン

オプション料金なしでオペレーターによる代行入力を実現。
他社ではOCRでの領収書読み取りが主流ですが、Dr.経費精算では、すべて専任のオペレーター代行入力。2013年から運営してる家計簿アプリ「Dr.Wallet」で培った技術基盤を活用することで、低コストながら高品質なデータ化を実現しています。

領収書データ化の特徴

  • 領収書を撮るだけで、オペレーターが入力代行
  • 入力作業は、24時間365日休むことなく稼働
  • 手書き・海外の領収書(アルファベット併記あり)も読み取り可能
  • 平均1~2時間の領収書のデータ化速度
  • OCRでは不可能な「99.98%」の高精度な読み取りを実現​
  • 専任のベリファイ担当による2重チェックで入力品質を担保

スマートフォンにICカードをかざすだけ交通費精算が一瞬で完了

アイコン

これまでの交通費精算は、エクセルや専用伝票に「利用日時」「区間」「定期区間を除外した利用金額」を記入する必要があります。会社によっては、駅・券売機で履歴を提出する必要もあり、申請するだけで大きな負担となっています。また、経理側でも「正しい金額で申請されているか」「定期区間の金額は除外されているか」などを路線検索サービスを駆使しながらチェックし、承認・差し戻しを行っている現状です。

Dr.経費精算では、これらの交通費精算にかかる申請者側・経理側双方の業務負担を大幅に効率化できます。

交通費精算の特徴

  • スマートフォンにICカードをかざすだけで取り込み
  • スマートフォンで読み取れるから20件上書き問題も解消
  • 読み取り専用アプリの追加インストールなし
  • 会社に戻って専用端末にかざす必要なし
  • 定期区間は自動除外

モバイルSuica・モバイルPASMO・クレジットカード明細を自動連携

アイコン

Dr.経費精算は、モバイルSuica・モバイルPASMOのアカウントを連携するだけで乗車履歴を取得。自動的に経費が作成できます。また、法人カード、コーポレートカードなどの各種クレジットカードを連携し、利用明細を取込むことで経費作成を自動化できます。

これまで手間のかかっていた作業の多くを自動化することで、入力時間の削減・経費の申請漏れ防止・精算業務の早期化を実現できます。

自動連携の特徴

  • モバイルSuica・モバイルPASMOの履歴は、100件/日まで取得
  • ​乗車履歴・カード明細の取得で手入力を削減
  • マルチデバイス対応で、場所を問わず申請・承認が可能
  • 金額などの改ざん防止が可能

自動仕訳された経費データは、あらゆるの会計ソフトと連携可能

アイコン

Dr.経費精算で作成した経費データは、お使いの会計ソフトにCSV形式でインポートできます。もちろん、各ソフトの取り込み形式に合わせて柔軟にカスタマイズが可能です。これにより、経理業務にかかる作業を大幅削減を強力にサポートいたします。
下記記載の以外の会計ソフトと連携も可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

スマートフォンで場所を選ばず経費申請・承認を完結

アイコン

経費申請者は、受け取った領収書をスマートフォンで撮影するだけ。自動で経費が作成されるので、締切日までに上長への電子申請を出すのみです。承認者は、承認依頼をメール/プッシュ通知で受け取けとれます。通知をクリックするだけで、申請書の承認画面が表示されるので簡単に承認/否認が可能です。

申請・承認機能の特徴

  • 領収書を撮るだけで、オペレーターが入力を代行
  • OCRでは不可能な「99.98%」の高精度な読み取りを実現​
  • 手書き・海外の領収書(アルファベット併記あり)も読み取り可能
  • マルチデバイス対応で、場所を問わず申請・承認が可能
  • 入力ミスが無くなるので、金額のチェックが不要
  • 利用用途・勘定科目など少数項目を確認するのみ

電子帳簿保存法に完全対応

アイコン

タイムスタンプの付与に対応しております。撮影・スキャンすれば、領収書を廃棄することが可能です。また、Dr.経費精算では原本の代わりに、撮影・スキャンデータを保存領収書ののり付け提出や、運搬・保管が不要に。大幅なペーパーレス化・効率化が可能です。

Dr.経費精算はJIIMA認証を受けています。

日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)

ペーパーレス運用の特徴

  • 領収書を糊付け提出が不要
  • 紛失リスクを低減
  • 拠点間の郵送コスト不要
  • 領収書の検索性向上​
  • 貴社に最適な運用フローを提案​
  • 現場への運用浸透のため、社内説明会等の支援​
  • 領収書の回収・保管・破棄までをすべて代行
  • 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から
    電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証を取得

資料ダウンロード